進徳幼稚園 Shintoku Kindergarten

モバイルサイトのご案内

入園案内

幼稚園の紹介

facebookはじめました

  • ホーム
  • 個人情報保護方針
  • サイトマップ

トピックス

トピックス

2013年度3学期
学期一覧へ戻る

1月16日 お餅つき

年明け早々、幼稚園の庭に、「ヨイショ!」「ヨイショ!」の

掛け声と、ぺったん~、ぺったん~の餅をつく音が響き渡りました。

年長組のお友達も代わる代わる小さな杵で、お餅をつきました。

ついたお餅は、小分けにして、子ども達が丸めました。

「ほかほかあったかいね。」「やわやわ、もこもこ、やわらか~い。」

かわいい手で、お餅を丸めながら、優しいお餅の感触を

十分に楽しめたようです。

「う~ん!のびるのびる!お餅が伸びます。」

家族の人数分の丸餅にしあげたお友達もいたようですが、

これらは、お土産に家へ持ち帰りました。

少しずつですが、お家の方にも味わっていただけると

嬉しく思います。

その後、お母さま方がちぎって下さったお餅にきな粉をまぶしたり、

お醤油を付けて、のりで巻いてみたり、年長児は自分で、

美味しいお餅に仕上げました。

小さい組のお友達は、お母さま方に作っていただき、

それを食べました。

つきたてのお餅は、柔らかくてとてもおいしいものでした。

普段お餅はちょっと苦手というお友達も、みんなにつられて

美味しい美味しいと食べてしまい、おかわりをしながら、

7つも食べたお友達がいたそうです。

さて、昨年、老人クラブの方々の畑で掘ってきた大根で、

年長児がたくわんを漬け込んだのを覚えておいでですか。

あれが、年を越して、りっぱなたくわん漬けとなりました。

本日のお餅に添えられた、このたくわんの美味しかったこと。

年長組のお友達、ご馳走さまでした!

PTAお餅つき担当の水野様、田中様を中心に有志の大勢の

お父様、お母様がお手伝い下さいました。厳しい寒さの中で

行われた行事でしたが、終始笑顔で作業して下さるお父様方が

印象的でした。保護者の皆様方には、お忙しい中、

御協力頂き、誠にありがとうございました。

お母さま方も、手際よく作業をして下さり、60キロ近いもち米が、

3時間ほどの間につきあがり、のし餅や、きな粉餅、海苔巻醤油餅と

なりました。

できあがったお餅は、ご近所の方々や、

お世話になっている砂防工事事務所にもお分けして来ました。